〜派遣看護師という生き方〜お仕事体験談ブログ・派遣会社情報・コラム

臨床経験3年で派遣ナースになって10年のフリーターナースがお仕事体験談やライフスタイルコラムをつづるブログです。主に単発で健診・訪問入浴・ツアーナース・イベントナースをしていました。お仕事内容・時給・心構え・派遣会社情報等を知りたい方の参考になれば嬉しいです^^

サイトマップ(記事一覧)&このブログについて

ご訪問ありがとうこざいます。
このブログは、派遣看護師という働き方について
基礎知識お仕事体験談を載せています。

このブログについて-ポリシーと免責 

 

・・・記事一覧・・・・

【看護師派遣会社/就職情報サイト】

派遣会社の選び方/オススメの派遣会社はどこ?

派遣じゃなく普通に就職すると決めたら/看護師転職サイト

ツアーナース(修学旅行添乗看護師)・イベントナース(救護所待機)のおすすめ派遣会社と選び方

 

【看護師派遣にまつわるギモン】

看護師派遣会社の登録方法とその後の流れ

単発派遣禁止!? 改正労働者派遣法のポイント

正社員/パート/派遣の違いとは

ぶっちゃけ、派遣だけで生活できる?

直接雇用・派遣・バイトの併用について

看護師転職求人サイト/看護師派遣会社どちらがいい? 

未経験/臨床経験なしでもできるの?

派遣先で直接雇用をもちかけられたら?

急に仕事を休んでもいいの?

紹介された仕事は断っても大丈夫?

男性看護師が派遣ナースとして働くことについて

 

【派遣ナースお仕事内容&体験談】

訪問入浴

健康診断(検診)

ツアーナース

イベント待機

デイサービス

企業保健室(産業保健ナース)

 

【お仕事体験談4コマ劇場】

>>4コマコラムの記事一覧はこちら

 

【フリーターナース的ライフスタイル】

月20日以上勤務でバリバリ働く!

夫の扶養に入り130万円の壁の中で働く!

派遣ナースの産休育休と子どもの預け先問題

 

ナースのお仕事いろいろコラム】

病院以外で資格を活かして働きたい!

私が派遣看護師をやってみようと思ったきっかけ

介護業界特有の人間関係のお悩み

仕事が辛い! 看護師を辞めるタイミングの決め方

 

【個人的な看護への思いをつらつらと暑苦しく述べるコラム】

派遣看護師のやりがいについて 

死期を悟った患者さんに、派遣ナースが向き合う時

 

管理人のガチな体験をもとに記載していますので

これから派遣ナースやってみたいor派遣やってるけど困ったことがある

というかたの参考になれば幸いです!

>>管理人の自己紹介はこちら

 

【派遣ナース体験談4コマ劇場】記事一覧

派遣ナースのお仕事体験談をもっと書いていきたいなと思ったのですが、このブログ、いい加減文字ばっかりすぎるので^^; 4コマを入れて、気軽に軽く読めるコーナーをつくることにしました。

まずは小ネタから始めて、ゆくゆくは真面目に語る記事も増やしていけたらいいな。

新しい記事を追加したらこのページからリンクしていきます。

 

【ツアーナースこぼれ話】(旅行添乗/イベント待機)
初めての修学旅行/お嬢様のマフラー/急な腹痛! その原因は/ツアーナースの制服はパンツスーツ?/救急箱のホントのはなし/生徒さんとの再会/見た目100%なキャンプ添乗

 

【要介護な人々】( 訪問入浴/デイサービス)
 いきなり! ハードな訪問入浴/楽しげな幻覚/杖の活用法/夏の訪問入浴あるある

 

【派遣ちゃんがゆく!】(産業保健/検診/その他)
大学生集団検診-視力検査

 

 このブログの記事一覧はこちらです
>> サイトマップ(記事一覧)&このブログについて -

ツアーナース業界におけるキャンプ・登山経験者の希少価値

f:id:toyotakinako:20170817230853j:plain

 

もともとわたし、アウトドア・キャンプ・登山が趣味でして。

っていっても、日帰りBBQ・夏山登山くらいなんですが・・・(キャンプは子どもの頃よく行ってた)
もともと体力がないので、夏山でも完全装備で出かけるんですよ、何かあったら帰れなくなっちゃいそうで怖いので・・・

で、そういう「山経験あります」的なことをポロっと言ったところ、キャンプ添乗の依頼をいただきまして、からの上の4コマのような事件(!?)がおこったわけです(笑)

あ、実際のキャンプ中にはとくに何も事件はおこらず、フツーに一緒に楽しくキャンプして帰ってきただけなんですが、翌年・翌々年もありがたいことにご指名をいただきました^^

わたしはアウトドア経験者なのでいつも通り準備して出かけただけなんですが、やはり経験のあるなしって装備にあからさまに差が出るらしく、熱烈大歓迎されました。繰り返しますが添乗中はとくに何も起きていません。なのでやっぱり、「安心感」が評価されたってことだと思うんですよね〜

アウトドア系が趣味のかたや経験者のかたは、ぜひキャンプ・登山添乗で活躍してください!

経験がなくても興味があれば、山ガール系の雑誌やサイトで勉強して準備したら、すごく喜ばれると思います。最低限、軽登山靴とレインウエアがあれば自分も楽なので、ぜひチャレンジしてみてください♪

 

 体験談4コマの記事一覧はこちら>>【派遣ナース体験談4コマ劇場】記事一覧 

ツアーナースのお仕事について>>旅行に付き添うツアーナース(添乗看護師) 実体験から求人の探し方や仕事内容について語ります! 

 このブログの記事一覧はこちらです>>サイトマップ(記事一覧)&このブログについて

 

真夏の訪問入浴は暑い! マジで暑い!

 

f:id:toyotakinako:20170817230915j:plain

 

真夏の訪問入浴はガチで体力勝負です。

特に私がよくお仕事を受けていた名古屋市は、夏の気温と湿度がすごい高いのですよ・・・
いやまあ近くに全国最高気温を叩き出しまくっている多治見市もありますし、もっと暑いところは暑いのでしょうけど・・・^^;

どれくらい暑いかというと、入浴車の車内はエアコンつけてても普通に38度とかそんな感じ。なぜ38度って具体的に言うかというと、入浴時に使う湯温計が38度を指しているのを何度か確認したからですw

で、湿度も高いうえにさらに湿度の上がるお仕事するから、気分はミストサウナです。嘘です。そんな気持ちのいいものではありません。1日終わった後の麦茶は最高ですけどね! (私は下戸なのであれですけど、飲める方はビール最高だと思いますw)

そんな38度の環境におかれていた体温計。測ろうとしても作動しないんですよね〜もともと38度になっちゃってるから!
そんなときは、アルコール綿で水銀のとこ拭いて気化熱で冷ますとすぐに測定可能になります(・▽・)b ついでに自分の体もアルコール清拭して涼みたくなりますね! 下戸だから赤くなるけどね!

 

 体験談4コマの記事一覧はこちら>>【派遣ナース体験談4コマ劇場】記事一覧 

訪問入浴のお仕事について>>単発派遣の代表格・訪問入浴看護師ってどう? 

 このブログの記事一覧はこちらです>>サイトマップ(記事一覧)&このブログについて

 

ツアーナース(修学旅行添乗看護師)・イベントナース(救護所待機)のおすすめ派遣会社と選び方について

ツアーナース・イベントナースのお仕事はどこで探せるかどの派遣会社がおすすめか看護師派遣会社の選び方のポイントなどについて経験をもとにまとめます!
ツアーやイベントのお仕事をやってみたいけど何から始めたらいいかわからないかたや、どこの看護師派遣会社に登録したらいいか迷っているかたの参考になれば嬉しいです☆

 

☆ツアーナースについてまとめた記事はこちら>>旅行に付き添うツアーナース-添乗看護師/体験談・求人の探し方・仕事内容のまとめ☆ 

☆イベンナースについては>>イベントナース-どんなに楽しい行事でも私たちの居場所は救護所!ただひたすら待機の一日

☆体験談いろいろ>>派遣ナースお仕事体験談 カテゴリーの記事一覧 

 

ツアーナース・イベントナースの募集について

どこで募集されてるのか

旅行付き添いやりたい! イベント救護やりたい!
といっても、まったく未経験だとどこで探していいかわからないのが正直な所ですよね。
ちなみに私の場合は、検診バイトで一緒になったナース仲間からおすすめの派遣会社を教えてもらって登録し、添乗のお仕事をいただくことができました。

 

(1)派遣会社

まずは看護師派遣会社です。
単発派遣という働き方の中に、ツアーやイベントの求人もあります。

 

(2)旅行会社

旅行会社に知り合いがいれば、看護師募集している旅行案件に応募できる可能性があります。

 

(3)学校から直接

これも学校等に知り合いがいれば、直接雇用してもらえる可能性があります。

 

(4)病院経由

地域のイベントなどでは病院の看護部などに依頼がきて、職員の中から募集するケースがけっこうあります。

 

(5)ボランティア登録など

ボランティア団体に所属していたりこれも知り合いがいたりすると、「こういうイベントの救護ボランティアやってみませんか」という話がきたりします。

 

派遣会社から受けるのがおすすめな理由

はい、上を読んでいただいて気づかれたかもしれませんが正直な所(1)がイチオシなんですね〜^^;

 

私自身が経験あるのは(1)(4)(5)ですが、(4)(5)は無給(ボランティア)でした。
(2)(3)ははっきり言ってもしそういうコネがあったとしてもおすすめしません。なぜならば、もし何かトラブルがあった場合、全て個人の責任で対応しなければならないからです。

最初は派遣会社から紹介で言って、次回以降お給料upするから直接契約しませんかなんてもし誘われても、絶対に受けるべきじゃありません。

 

万一何かのコネがあって個人で受ける場合は、看護賠償保険に加入して、契約時に責任の所在について文書で交わしておくくらいの準備は必ずしてくださいね! 
本当はそういう場合でも「ここの派遣会社に登録しているので派遣会社経由で依頼してください」というほうがおすすめです。

 

ボランティアについては紹介機関がしっかりしたところで、賠償保険などにきちんと加入しているのならば受けても大丈夫ですが、お仕事として・・・というのとはちょっと違いますね。経験積むのにはいいと思いますが。

 

ツアーナース派遣の実際のところ

ここからは「派遣」としてのツアーナース・イベントナーについて書いていきます。

 

勤務形態は「単発派遣?」

ツアーもイベントも1日〜長くて1週間程度のお仕事なので、就業形態としては「単発派遣」になります。

となると気になるのが、「単発派遣原則禁止」の派遣法との兼ね合いについて。。。

☆派遣法についてはこちらの記事で詳しく書いてます>>平成24年改正労働者派遣法で看護師単発派遣はどうなった? 

 

単発派遣だけの組み合わせ勤務について

いちばん問題になるのが「自分自身が家計の主たる収入者で、ほかにメインの勤務先がない」場合。

ひらたくいうと、「独身単身者がツアーやほかの単発派遣だけを組み合わせて働くことが可能なのか?」という点についてです。

 

これですが、派遣会社によっては「31日以上継続して同じ派遣先に定期的に行かないとダメ」なところと「派遣会社との契約は31日以上で締結するので、派遣先はバラバラでもOK」なところがあるようです。

(※一通り登録に関するQ&Aなどを読んで調べた限りです。全ての会社に個別に確認を取ったわけではないので、登録時にご自身で確認してくださいね!)

つまり後者の「派遣会社との契約は31日以上で締結するので、派遣先はバラバラでもOK」な派遣会社であれば、ツアーナースのみの勤務やほかの単発案件との組み合わせ勤務も可能ということになります。良かった! (←わたし自身がやっていたように毎週1本ずつツアーを受ける、という働き方も可能ということですね)

 

正社員との併用について

また、「正社員で勤務していて休みを利用してのツアーナースバイト」「結婚していて旦那さんの扶養の範囲内でのツアーナース」というケースについては派遣法上は全く問題ありません。
勤務先の就業規則で副業が禁止されていないかについてはご注意ください。

 

ツアー・イベント求人を扱っている看護師専門派遣会社

MCナースネット

アテンダントナース

ナイチンゲール

パソナメディカル

※それぞれ公式募集ページにリンクしています

 

特におすすめなのはMCナースネット

上記の派遣会社さんはどこも、わたしが派遣ナースを始めた10年以上前からある会社さんなので、信頼できると思います。

そんな中イチオシなのがMCナースネットさん。
その理由は、「単発派遣全般に積極的であること」と「全国展開していること」

 

派遣法改正で単発派遣が原則禁止になってから、看護師派遣業界においても単発派遣については消極的になってきたなぁ・・・という印象があります。
「短期・単発の派遣も一応扱ってるけど、できたら紹介予定派遣やバイト紹介(直接雇用)で・・・」というニュアンスが透けて見える看護師求人会社が多いんですね。

 

その点MCナースネットさんは、非常勤・短期・単発派遣もぜひ! というスタンスですし、ツアーナース案件も特集ページ作って力を入れておられます。

また拠点が全国にあるので、登録面談やお仕事相談もしやすいです。

ツアーやイベント以外のお仕事も豊富なので、とりあえず派遣先に困ることはなさそうというのも大きなメリットです。

 

次点がアテンダントナース

アテンダントナースさんは、拠点が関西なので関西のツアー案件が豊富です。

全国的に網羅しているわけではないのと、ツアー以外の検診や介護系については案件が少なめでなので、ツアー以外のお仕事もしながら・・・という場合には別の派遣会社との併用が必要になってくるかなと思います。

 

ツアー・イベントの看護師派遣会社の選び方

関東在住のかた

MCナースネットは必須。プラス、アテンダントナースと、できればあと1社くらい登録して条件など比較してみるといいと思います。

 

関西在住のかた

アテンダントナースは必須。プラス、MCナースネットと、できればあと1社くらい登録して条件など比較してみるといいと思います。

 

それ以外の地域のかた

MCナースネット→アテンダントナース→ナイチンゲール→パソナメディカルの順に登録しつつ、お住まいの地域のお仕事があるかどうか登録面談時に確認してみてください!

そのときにはなくても、特に観光地だと「現地受け」案件などが出てくる可能性もあります。

 

基本的にはMC─ナースネットは必須です。
関西のかたはアテンダントナースにもぜひ登録を。

 

あとはね〜コーディネーターさんとの相性などもあるので、「登録したしアピールもしたけどあんまりいい反応ないなぁ」という場合は別の会社にも登録してみるといいです。

併用は問題ないですし、「ここではツアー、こちらは介護系」のように、なんとなくお仕事内容によって自然にすみわけができていく場合もあります。

いろんな経験をしながら、ツアーナース・イベントナースのお仕事に出会えるよう頑張ってみてください!

 

☆ツアーナースについてまとめた記事はこちら>>旅行に付き添うツアーナース-添乗看護師/体験談・求人の探し方・仕事内容のまとめ☆ 

☆イベンナースについては>>イベントナース-どんなに楽しい行事でも私たちの居場所は救護所!ただひたすら待機の一日

☆体験談いろいろ>>派遣ナースお仕事体験談 カテゴリーの記事一覧 

 

 

 

 

 

死期を悟った患者さんに、その日限りの単発派遣ナースが向き合う時

先日、日野原重明先生が亡くなりました。
個人的なことで恐縮ですが、わたしも学生時代から予防医学代替医療・チーム医療にとても興味がありまして、その流れで大学も単科系ではなく総合大学を選んだという経緯がありまして・・・

などという無名の個人の進路選択にも影響を及ぼしているくらい(笑)の、このジャンルの先駆者である日野原先生の偉業には、本当に敬意しかないです。ご冥福をお祈りします。

 

その流れで日野原先生の昔のエピソードが紹介されているのを目にしまして、ちょっと思い出したことがあるので例によってとりとめなく語りたいと思います。

 

まずその「エピソード」のご紹介。

医師になったばかりの日野原先生、担当していた患者さんが「わたしはもう死ぬんだと思います」と言われたのに対して「いや、きっとよくなるから、元気をだしなさい」と励ましたそうです。
しかし患者さんはそのまま亡くなり、「死を受容している患者さんに対して励ますことしかできなかった、ほかにどうすればよかったのか」と悩んだところが医師としての原点・・・というお話でした。
(記憶を頼りに書いているので言葉などはこの通りではないと思います、すみません)

 

難しいですよね・・・死と向き合うこと。

しかもね、これって、単発派遣で介護系のお仕事やってると頻繁に遭遇するものでもあるんです。

 

わたしは訪問入浴が長かったので、特にがん末期の在宅療養の利用者さんに出会うことが多かったです。
こちらが単発その日1日限りのナースであっても、利用者さんにとってはそれが人生最後の入浴なのかもしれないわけですよ。

 

単発派遣の看護師に、何ができるのか?

まあハッキリ言って何もできないです、でも何もしなくていいとも思えないのです。

 

まずできるのは、看護師がいるので安心して入浴してもらえること。

そもそも在宅で訪問入浴を使っているかたって、本人がお風呂好きであることも多いので「多少具合よくなくてもお風呂には入れて欲しい」って言われることも多いです。

時間を短くするとか浅めに入れるとか、なんとか実施できる方法を考えるという努力がひとつ。

 

もうひとつが、死期をすでに悟っている本人や家族になんて声をかけるか。

わたしはごく当たり前の挨拶ですが、「お疲れ様でした」って言うようにしていました。

 

すごく印象に残っているのが、がん末期のご本人から「明日から入院するんだけど、多分もう帰ってこれないから今日はどうしても風呂入れて」と言われた時・・・

ああ、死を受け入れてらっしゃるんだな・・・って思いました。

もう何もいうことはないというか、軽々しく何も言えなくて普段通り(といっても5回くらいだったのですが^^;)楽しい雰囲気でサービスを実施して、最後に帰る前に「お疲れ様でした」と伝えました。

いつも通りの挨拶、入浴終えてお疲れ様という意味に加えて、生きることそのものに対してお疲れ様という気持ちを入れたつもりです。

伝わったんじゃないかな、と思います。

 

それ以後も、なんどもこの「お疲れ様」を言ってきました。

これが正解のことばなのかは今でもわかりません。

ただ、介護現場に看護師としてかかわる以上、生死と真摯に向き合う気持ちは忘れずにいたいな、と思います。

 

 

・関連記事・
訪問入浴については>>単発派遣の代表格・訪問入浴看護師ってどう?
もっと軽い体験談は4コマコラムで>>【派遣ナース体験談4コマ劇場】記事一覧 

 

 

 

 

 

学生さんの成長を、修学旅行を通して見守るとかそんな大層な話ではないのですが

f:id:toyotakinako:20170623205648j:plain

長くツアーナースやってると、こんなことが起こったりします(笑)

あと新聞の地域版に、むかし手当てしたことのある生徒さんが「大学生スタッフ」として登場してたり、新社会人として取材受けてたりするのを見つけたこともあります。

なんかさぁ・・・本当、時間が経つのって早いですよねぇ。。。

生徒さんとの再会とは、ご縁に感謝するとともに、自分の年齢を実感してしまう出来事ですw

 

 体験談4コマの記事一覧はこちら>>【派遣ナース体験談4コマ劇場】記事一覧 

ツアーナースのお仕事について>>旅行に付き添うツアーナース(添乗看護師) 実体験から求人の探し方や仕事内容について語ります! 

 このブログの記事一覧はこちらです>>サイトマップ(記事一覧)&このブログについて

 

ADL低下・セルフケア不足・だけれども女は強い・・・!

f:id:toyotakinako:20170621123005j:plain

 

いつもベッドサイドに杖があるからね・・・でも歩けないからいつ使うんだろうって思ってたんですよね・・・

遠くのものを手繰り寄せるのに使うとか、そういうんだと思ったんですよね・・・
確かに隣の人を起こすにしても、自分で動いて起こすことは不可能なわけですが・・・^^;

なんていうか、女は強し・・・! デス。

 

 体験談4コマの記事一覧はこちら>>【派遣ナース体験談4コマ劇場】記事一覧 

訪問入浴のお仕事について>>単発派遣の代表格・訪問入浴看護師ってどう? 

 このブログの記事一覧はこちらです>>サイトマップ(記事一覧)&このブログについて

 

精神疾患の幻覚・妄想には付き合っちゃいけないっていうけど・・・

f:id:toyotakinako:20170619221234j:plain

あ・・・・芝居の芝の字間違ってるわ・・・(´Д` ;)

 

訪問入浴の利用者さんには、認知症のかたも多いです。
(今回の4コマに登場のチエさんは認知症だけじゃなく、幻覚を伴う精神疾患もありますが)

 

よく言われるのが、認知症精神疾患の妄想・幻覚発言については「妄想の内容そのものには触れず(肯定も否定もせず)、そこから生まれる感情に対して共感するのが望ましい」。 

つまり「財布盗られた!」という妄想に対しては
×「そんなことないですよ、気のせいですよ」
×「えっ! 誰がそんなことしたんですか!?」
○「お財布見つからないんですか、それは心配ですね」
みたいな感じ。

 

しかし・・・
しかしですよ・・・

たまには妄想に付き合って反応するのも、本人にも周囲にも不利益がないんなら、いいんじゃない? って思うときがあります。

っていうか、思わず乗っかってしまうときがあるんです、面白くて!(*´Д`* )

うん、なんだか、意識低い系ナースでごめんなさい。。。

ネタについて真面目に記事書こうとしたらこんなんなってしまいました。。。
そして収拾つかないままおわる。

 

 体験談4コマの記事一覧はこちら>>【派遣ナース体験談4コマ劇場】記事一覧 

訪問入浴のお仕事について>>単発派遣の代表格・訪問入浴看護師ってどう? 

 このブログの記事一覧はこちらです>>サイトマップ(記事一覧)&このブログについて

 

 

修学旅行付き添い看護師の持ち物チェックリスト☆個人的な都合と偏見込みバージョン・∀・

ツアーナースの持ち物について、4コマに付則で書き出したら色々と思い浮かんでしまってものすごく長くなりそうだったので、あらためてツアーナースが用意するものについて書きます(笑)

 

4コマの記事はこちら>>救急箱は学校が用意してくれるけど、あると便利&安心な修学旅行添乗の持ち物とは? 

 

基本的には仕事に必要な救急グッズは学校が用意してくれるので、ナース自身が準備する必要はありません

自分の旅行の準備+4コマ記事に書いたように、必要最低限の備えがあればOKです☆

 

とはいえ、やっぱり実際の荷物の大きさやカバンの形、何を詰めているのか?? って気になりますよねー
わたしは周囲にツアーナースの先輩がいなかったので^^; 試行錯誤しながら自分で最適解にたどり着いた感じですね。
最初の頃は無駄なものいっぱい詰めてたし、あーこれを持って来ればよかった・・・って思ったことも数知れずです。

なので、ツアーナース初めてだけど何を用意したらいいの?
修学旅行付き添い気になるけど、普通の旅行とどうちがうの? と気になっているかたの参考になれば嬉しいです!

 

【かばんについて】

大きい荷物1コ+手回品のかばん1コが基本です。

大きい荷物については、ボストンバッグかキャリーケースか迷うところですが・・・
・ボストンバッグ→身軽に動ける。学校によっては生徒もキャリー禁止の場合あり。疲れてくると重いw
・キャリーケース→楽! 見た目の割にたくさん入る。場所をとる。
と一長一短なので、なかなか甲乙つけがたいです。

派遣会社ではボストン推奨だと思いますが・・・^^; わたしはキャリー派ですね。救急箱持つと荷物3つになるから、楽なのに越したことはないという考えです(※何度も言いますがわたし体力ないので!w)

 飛行機に乗る場合は要注意で、荷物を先に目的地へ移送済で当日は預けないというケースがあるので、打ち合わせ時に要確認です。
機内持ち込みOKサイズのバッグを普段から使うのがおすすめです。(ま、救急箱に大抵はさみ入ってるから結局預けることになるのですが・・・)

 

手回品には自分の持ち物(財布・携帯・ハンカチ等)と資料(修学旅行のしおり・名簿など)を入れるので、A4サイズの書類が入る程度の大きさだと使いやすいです。
斜めがけショルダーかリュックかウエストポーチが便利。
わたしは添乗員さんにも大人気☆の、レスポートサックのショルダーを愛用していました。(←あまりにみんなレスポだから買ってみたら、すごく軽くて持ちやすくて使いやすかった! おすすめです。)

 

【大きい荷物に入れるもの】

・着替え(下着・靴下・インナーの替え・部屋着のジャージだけなので少ないです!)
・洗面用具(そのまま洗面所のドアノブに引っ掛けられるタイプのポーチを愛用)
・もしもの救急セット(4コマで紹介したもの)
・雨具
・充電器など
・ドアノブにかけられるメッセージボード(宿で自分の所在地を表示しておく←使っていいか確認してから。生徒にナースの部屋へ自由に行くことを禁止してる学校もけっこうある)
・救急処置ハンドブック

 

【手回り品に入れるもの】

・お財布・携帯・ハンカチ・ティッシュ・水筒
・筆記用具
・聴診器
・当日いただいたしおりと資料

 

こんな感じ。

スキー添乗だと防寒具が増えるし、アウトドア系だと着替えが増えたりします。テント泊で寝袋持っていったこともありますw
でも基本、修学旅行って気候のいい行楽シーズンに行われるものなので(笑) 着替えは少なくて済むことが多いですね。

最初はいろいろ想定して荷物が増えちゃうのですが、慣れてくるとどんどん小さくなってきますよー!
 

 体験談4コマの記事一覧はこちら>>【派遣ナース体験談4コマ劇場】記事一覧 

ツアーナースのお仕事について>>旅行に付き添うツアーナース(添乗看護師) 体験談・求人の探し方・仕事内容のまとめ☆

 このブログの記事一覧はこちらです>>サイトマップ(記事一覧)&このブログについて