読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〜派遣看護師という生き方〜お仕事体験談ブログ・派遣会社情報・コラム

臨床経験3年で派遣ナースになって10年のフリーターナースがお仕事体験談やライフスタイルコラムをつづるブログです。主に単発で健診・訪問入浴・ツアーナース・イベントナースをしていました。お仕事内容・時給・心構え・派遣会社情報等を知りたい方の参考になれば嬉しいです^^

看護師に向いていないかもと自信を失っていた私が派遣看護師をやってみようと思ったきっかけ

ナースのお仕事お悩みコラム 派遣ナースのお仕事探し

今回は、とても個人的な話をしようと思います。

「なぜ、派遣看護師をやってみようと思ったのか?」

※個人的な上にとても長いですが^^;

同じように看護師向いてないかもと悩んでいる方に

何か参考になることがあれば嬉しいです。

 

新卒の病棟勤務でバーンアウトしました

プロフィールでも触れたとおり、

私は新卒で就職した病院を3年で辞めています。

仕事に疲れてしまった、いわゆる燃え尽き症候群でした。

 

なぜ燃え尽きたのか

看護師新卒でバーンアウト、燃え尽きるパターンってすごく多いし

理由もそれぞれだと思います。

多いのは「現実と理想のギャップ」とかですよね。

現場では仕事に追われて自分の理想とする手厚い看護ができない的な。

 

ただ、私の場合はそんな格好いいものでもなくて

もっと低次元というか、

根本的に「病棟に向いてなかった」という点が大きいと思います。

 

体力的な問題

看護師って体力要りますよね・・・!

でも、私、もともとそんなに体が丈夫ではないのです・・・

病弱だからこそ小さいときからよく病院に行っていて

病院が身近で、憧れの対象でもあったんです。

しかし病弱だと病人の世話はできないという、

まーなんというか最大のジレンマですよね!w

 

一度にたくさんのことができない性格

看護師に女性が多いのって、

人のお世話をするのが好きな人が多いということと

看護には女性が得意とする「マルチタスク能力」が求められるから

という理由が大きいんじゃないかと思います。

 

特に病棟はそうですよね。

自分の受け持ち患者さんの1日のお世話をしながら

ナースコール取ったり他のスタッフのフォローに回ったり

ドクターの指示受けしたり雑用もありますし。

 

ところが私、この「いちどにいろんな仕事を同時進行する」

ということが決定的に苦手だったのです・・・!

集中するとほかのことが耳に入らなくなるし

いちどにいろんな仕事が来るとテンパってしまう。。。

 

どうしてみんな平気なんだろう?って不思議だったんですが

私の方が少数派なんだ! って気づいたのはずいぶん経ってからでしたorz

 

ミスが怖い

いちどに複数のことに集中できないので、

どうしてもうっかり抜けがあったりしがちで

でも当然ミスは許されないので

ものすごく気を張っていました。

 

みんなが普通にできていることが

私はすごく注意していないとできない・・・

とにかく、精神的に辛かったです。

 

3年頑張ったけれど

そんなこんなでとにかく3年は頑張ってみよう!!

と3年頑張りましたが、とてもつらかった。

同僚には恵まれましたし仕事自体にやりがいも感じていましたが

なんというか、疲れてしまったんですね。

 

常に気を張っていないといけない精神的な疲れと

単純に夜勤や長時間労働による体の疲れ。

うん、ひとことでいえば弱かったんですがw

無理なものは無理・・・といことで、3年きっかりで辞めました。

 

一般企業に正社員として再就職

病院辞めた時点では疲れ切っていたので

看護師として働くことは考えられず

興味のあった別の一般企業に就職しました。

夜勤なしの週休2日の事務です。

 

しかし、ここでも適応障害

ところが・・・!

これがまたいわゆるブラック零細企業だったのです・・・!

看護師時代より残業は多いのに残業代はいっさいつかない

休日出勤当たり前

社長はワンマンでパワハラ(会議で吊るし上げられたりする)

上司はびっくりするくらい仕事しない

真面目に働いていたら雑用は全部押し付けられる

それでいてお給料は半額

 

体を壊して入院

はい、ストレスと過労で体こわして入院する羽目になりましたorz

もーなんていうか、看護師で燃え尽きて

一般企業でもだめで

私、働く能力ないんじゃないか?  ってものすごく悲しかったです。

 

病院の居心地がいい(゜△゜)

そんな中、入院した病院・・・

小さい頃からよく通ってた地元の総合病院だったんですが

やたらと居心地がよくてですねww

 

新人ナースさんが緊張しながら点滴にきたり

隣のベッドのおばあちゃんが血糖値測ったあとに饅頭食べるの目撃したり

夜中に点滴からまってもがいてたら巡視のナースさんにびっくりされたり

本当に普通な病棟でした。

 

なんかそういう、普通の病棟がなんともいえず落ち着くというか

事務で働いてた会社よりしっくりくる感じで・・・

もう無理だと思って離れた病棟という場所に、

親近感を覚えることが自分でも意外でした。

 

あんなに疲れ切って辞めたはずなのに、

私は、やっぱり看護師として働きたいのだろうか?

 

看護師として復帰することへの迷い

結局その会社は退院後もまったく勤務状態が変わらず

(むしろ休ませたんだからもっと働け的な感じ)

こりゃまた倒れると、半年で辞めることにしたのです。

 

私には看護しかないのか?

看護師の仕事に戻るべきなのか、別の仕事を探すべきか・・・

 

特に病院でいちど燃え尽きているので、

看護師復帰に対してはものすごく不安がありました。

 

というか、自分は本当に看護師に向いているのか

自信が持てませんでした。

 

かといって、他の仕事もうまくいかなくて入院までする羽目になったし

とりあえずいちから別のこと覚えるよりは

看護師3年の経験だけはあるわけだから

そちらのほうが現実的かもしれない。

 

でもまた同じように燃え尽きてしまったら・・・

とぐるぐる悩みながら、2,3ヶ月ほど働く決心がつかずに

家にいたのです。(実家ですけど)

 

意外な人の意外な言葉

そんな止まってしまった私が再び働こうと思ったきっかけというのが

実は、某バンドのライブだったのです。

 

名前出したらたぶん誰でも知っている有名バンドです。

私はそのバンドの10年来のファンで

ライブには欠かさず行っていました。

 

コンサートやライブって、途中で挨拶とか小話(MC)しますよね。

そのときのライブで、バンドのボーカルの人が言ったなにげない話

 

「本当はギターをやりたかったんだけど

 自分より上手い人がたくさんいて、とてもかなわないと思った。

 それで、目立つのは苦手だったけどボーカルがいなかったので

 歌ってみたら、そのまま15年経ってしまった。

 「これがやりたい」って突き詰めて一流になるのはすごいことだけど

 「これしかできない」ってやり続けてここまで来られたのは

 これはこれでよかったかもしれないと最近になって思う」

 

ちなみに、東京ドームでのライブです。

ドームを満員にできるボーカルのいうことが

「自分には歌うことしかできなかったから」ですよ。

 

やりたいことは取り敢えずおいといて、

やれることをやり続けていたらそれが天職になった

 

これって、すごいことだと思ったんです。

ああ、そうだ、病棟で正社員は無理かもしれないし

別の職種でいちから始めることは難しいかもしれないけど

私にも看護師という資格を使ってできる仕事があるはず。

とりあえずやれることからやってみよう、

レベルは全然違うけれど(笑)いつかはそれが天職になるかもしれない

素直にそう思いました。

 

心身を壊さず続けられる道の模索

というわけで、そのライブから帰ってきてすぐに

真剣に看護師の求人を探しました。

選ぶ基準は「自分にできること」(笑)

 

そしたら、今まではあまり目につかなかった介護系や企業

健診やパートなどの求人も目に付くようになるものなんですね。

看護師=病院正社員と思い込んでいたことに今さら気づきました。

 

看護師派遣という働き方を知る

そんな中、目に付いたのが「派遣」という働き方です。

ちょうど派遣が一般業務にも許可されて一般的になってきた頃で

看護師にも派遣ってあるんだ! とびっくりしたことを覚えています。

 

まずはなんでもやってみよう!

単発派遣という働き方の出来る職場が意外に多く、

自分には何が向いているかわからない状態だったので

1日から働けるという条件がものすごく魅力的に思えました。

(※現在は私みたいなケースでは1ヶ月以上の契約期間の派遣か

 1日単位の場合は直接雇用契約になると思います

 詳しくは>>労働者派遣法と看護師単発派遣について)

 

やれることはなんでもやってみようと派遣会社に登録して、

最初に紹介されたのが訪問入浴のお仕事でした。

 

やってみたら、大変は大変でしたが

病院とは違って介護特有の雰囲気があり

思っていたよりずっと楽しかったし、

1件ずつこなしていくのでマルチタスク能力が低くてもストレスを感じず、

自分にもできる! と思ったんですね。

 

病院以外の場所で初めて看護師の仕事をして

「病院にこだわらなくても大丈夫だ!」って思えたこと

とても大きな変化でした。

 

結局その後、単発で色々なお仕事を経験し

「派遣看護師が自分には向いているかも」と思えるようになったんです。

 

「向いてる仕事を探すためにまずは派遣でいろいろ経験」

と思って始めた派遣看護師ですが、

意外にも、向いていたのは「派遣という働き方」だったようで(笑)

あのとき派遣会社に登録しようって決めて良かったなと今は思っています。

(病院が向いてないのは変わらないんですがw

 派遣でも病院には行ってないですしね・・・) 

 

自分は看護師に向いてないかもと悩んでいるかたへ

私自身が悩んだので、すごくよくわかります。

職場に適応できないと、看護師自体向いてないのかも・・・

って思ってしまうんですよね。

 

でもね、看護師の仕事って、本当にいろいろあるんです。

・病棟がだめだったけど介護系はOKだった

・産業保健は苦手だけど病院は向いてた

みたいなケースっていくらでもあります。

 

ひとつの仕事でだめだって見切りをつけずに

看護師の仕事の可能性をいろいろと試してみて欲しいなと思います!

 

※派遣でできるいろいろな看護のお仕事について書いています。

>>サイトマップはこちら 

>>派遣会社の選び方ポイントとお仕事内容別のおすすめ派遣会社