〜派遣看護師という生き方〜お仕事体験談ブログ・派遣会社情報・コラム

臨床経験3年で派遣ナースになって10年のフリーターナースがお仕事体験談やライフスタイルコラムをつづるブログです。主に単発で健診・訪問入浴・ツアーナース・イベントナースをしていました。お仕事内容・時給・心構え・派遣会社情報等を知りたい方の参考になれば嬉しいです^^

派遣なら昼間だけ&残業なし☆デイサービス看護師は主婦ナースにおすすめ!

こちらも介護分野のお仕事になります

デイサービス看護師!

派遣でもパートでも正社員でも求人があるので

勤務形態も選びやすいですね。

 

そもそもデイサービスとは?

介護保険のサービスです

訪問入浴と同じく、介護保険で使えるサービスのひとつです。

昼間、介護認定を受けた利用者さんが

デイサービス提供施設に集まって

お風呂入って、一緒にご飯食べて、レクリエーションやリハビリして、

お茶して帰っていく場所。

これとは別にリハビリが主目的の「デイケア」というのもありますが

看護師求人が多いのはデイサービスですね。

 

こんなお客さんが多い

比較的介護度が低い(要介護3くらいまで)の方が多い印象です。

状態が落ち着いていれば介護度が高い方や

胃ろうや吸たんの必要な方も受け入れている場合があります。

 

とくに私は名古屋市内の施設に行くことが多かったのですが

名古屋のおばあちゃんたちってとにかく元気でおしゃれで話好き(笑)

デイサービスって社交場なんだなぁ〜なんて

印象を受けたのを思い出しました。

 

お給料と拘束時間

時給1500〜2000円くらいで

実働6時間くらい。

時間は10時〜16時くらいなので

家のこともやらなきゃならない主婦や

子どもが小さくて、17時までには帰りたい・・・

というかたには、ちょうどいい勤務時間ではないでしょうか。

 

・・・と今書きながら

「下の子幼稚園入ったら働けるじゃん!?」って考えてる私ですwww

 

デイサービス看護師のお仕事

デイサービスのスタッフの中では

基本的には看護師はひとりです。

なので、医療行為関係は全部担うことになります。

 

バイタルチェック

毎日必ず一回(基本的に朝)はバイタルチェックをします。

必要に応じてその後も経過観察で測ったりします。

このあたりは病院の検温と同じ感覚ですね。

 

入浴後の処置

午前中にだいたいみなさん入浴するのですが

皮膚トラブルがあれば持参してもらった薬を塗るなどします。

新しく発見したら報告してご家族に知らせてもらったりも。

その流れで、脱衣・着衣介助もさせてもらうことが多いです。

 

服薬介助

食事後の薬や時間薬など。

とくに派遣で初めての事業所の場合は間違いがないようにとても気を使います。

 

医療行為

たまに吸引が必要なかたや胃ろうをされているかたもいらっしゃるので

それらの医療処置は全部ナースがおこなうことになります。

 

その他、介助いろいろ

手が空いていれば移動・移乗や歩行介助、トイレ・着替え・食事介助もします。

 

トイレ介助や送迎もするの?

基本的には身体介護は介護士さんがしますが

手が空いていればやればもちろん喜ばれます。

(慣れてないと自分の仕事で手一杯になってしまいますが^^;)

 

利用者さん宅への送迎は、施設のスタッフさんがします。

派遣ナースが同行することはほぼないでしょう。

直接雇用だったらあるかもしれませんね。

 

派遣で行く場合のお仕事の流れ

(1)指示書に従って派遣先へ

打ち合わせなどはなく、直接出勤がほとんどです。

利用者さんが到着するちょっと前くらいに

出勤時間が設定されてることが多いですが

初めての場所だったり、しっかり仕事内容を確認したいときは

少し早めに行くのがいいと思います。(早すぎても誰もいませんが^^;)

 

(2)仕事内容の確認

施設によって仕事の流れややり方が違うことが多いので

「ここ初めてなので」ってアピールして教えてもらいます。

お互いに「わかってるだろう」ってなると誤解の元なので

わからないことはガンガン聞くべし。

 

(3)利用者さん受け入れ・バイタルチェック

利用者さんたちが送迎車で到着します。

挨拶しながらバイタルチェックをします。

 

(4)入浴介助

午前中は入浴の時間!

介護士さんたちが予定を組んで利用者さんを案内してくれるので

看護師は脱衣所でひたすら着替えの手伝いと入浴後の処置をします。

 

(5)昼食介助

配膳・下膳と自分でたべれないかたの食事介助。

食後の服薬があるかたはそれも手伝います。

 

(6)レクリエーション参加/記録

午後は体力のないかたは昼寝、

元気なかたはレクリエーション活動。

この間に記録書いてと言われることもあるし

記録は介護士さんが書くのでレクの見守りをと言われることもあります。

 

レクリエーションの内容は、簡単な体操やゲーム

工作やカラオケなど施設によってさまざまです。

 

(7)利用者さん送りの準備

レクのあとおやつを食べて、

みなさん身支度をして帰りの車に乗り込みます。

 

(8)お見送りして終了

派遣の場合は、利用者さんたちを見送ったら

ちょっと片付け等を手伝ったりして

契約時間がくれば終了です。

残業になることはほとんどありません。

 

気をつけること 

訪問入浴と同じく、主役は利用者さんと介護士さんです。

あくまでも、そのみなさんが不安なく活動できるように

サポートする姿勢が求められます。

 

とくに派遣の場合、それぞれのデイサービスに

すでに社会が出来上がっているところに入っていくという感じが強いので

郷に入りては郷に従えの精神で!

 

こんな人が向いてます

大勢でわいわいおしゃべりするのが好きな人。

なんかね、デイサービスにくるかたって、

社交性が高いというかおしゃべり好きなかたが多いんですよね〜^^

というわけで、おしゃべりが楽しめるかたにはとっても向いてると思います。

 

逆に、その「わいわい」には入れなくてぽつんとしてるかたもいらっしゃるので

広く周りを気にかけて気を配れる人も向いてると思います。

 

・・・わたしどっちも苦手だったなーそういえばww

単発派遣だからこそ頑張れたのかもしれない^^;

やっぱりデイサービスパートは厳しいか・・・!?w

 

 デイサービス看護師の求人はどこで探す?

ハローワーク・求人広告にもありますし

転職サイトや派遣会社でも探せます。

 

直接雇用を希望ならどこで探してもいいですし、

派遣がよければ派遣会社に登録して探すこともできます。

看護師派遣会社&転職サービスの選び方についてはこちらの記事も参考にしてくださいね☆

>>派遣会社の選び方/オススメの派遣会社はどこ?

>>派遣じゃなく普通に就職すると決めたら/看護師転職サイト

 

※単発派遣に関しては制限があるのでこちらもあわせてご覧ください。

平成24年改正労働者派遣法で看護師単発派遣はどうなった? 

 

このブログの記事一覧はこちらです

>>サイトマップ(記事一覧)&このブログについて

 

 

 

 

イベントナース-どんなに楽しい行事でも私たちの居場所は救護所!ただひたすら待機の一日

ツアーナースと一緒に紹介されることの多いイベント待機ナース

「待機」するお仕事ということで共通点も多いですが、

移動はしないので本当にただひたすら待機、待機です(笑)

具体的にどんな現場があるのか、ご紹介します。

 

ベントナース情報いろいろ

イベント待機ナースって何するの?

文字通り、なんらかの行事の「救護所」に待機して

けが人や病人が出たら応急処置をする係りです。

学校でいう保健室の先生がイメージとしては近いですね。

 

イベントの内容・規模や予算(笑)によって、

自分ひとりのときもあればナース複数やドクターも待機する場合などあります。

(余談ですがドクターの日給は5万円以上ですwwwwwwww)

 

ベントナースのお給料

日給10000〜15000円くらい。

拘束時間は8〜10時間くらいが多いですね。

 

どこで探す?

派遣会社に登録して単発派遣で探します。

しかし時季にもよりますがイベントのお仕事ってそんなに多くないので

やりたいのであれば「イベントのお仕事ぜひ」ってアピールしておきましょう。

回してもらうために普段からほかの仕事も快く引き受けて

派遣会社のかたに覚えてもらうとなお良いです。

 

各派遣会社の特徴はこちらの記事をご覧ください

>>看護師派遣会社の選び方とおすすめ

※単発派遣に関しては制限があるのでこちらもあわせてご覧ください

平成24年改正労働者派遣法で看護師単発派遣はどうなった? 

 

自治体などのイベントの場合は、

救護所ナースお仕事ではなくボランティアとして募集していることがあります。

だいたい、主催者のツテから病院などへ募集がいくようですが、

そのイベントに興味があるのならば、

主催者に直接問い合わせるというのもアリかなと思います。

 

具体的な「イベント」の例

私が実際に体験したイベントをご紹介します。

ほかにもあると思いますが、

行ったことないものはわからないので^^;

 

テレビ局お祭り

ザ・イベント!! って感じなのがこちら☆

大きな公園や都会の広場などで行われるテレビ局主催のお祭りです。

○○テレビ△周年祭! みたいなのもありますし、

テレビ局が開催に絡んでいるようなイベントって

予算が多いのか(笑)わりと派遣依頼があるようです。

 

いつもテレビで見るアナウンサーと直接喋ったり

いろんな企業のサンプルがもらえることもあって

別世界って感じで面白いです(笑)

 

ゴルフ大会

こちらも、テレビ中継が入るような

賞金何千万円みたいな大会には救護所も万全の体制をとるようです。

私が行った時は、選手ではなくギャラリーのお客さんが

何人か救護所にいらっしゃいました。

(そして待機しているとインフォメーションと間違われるwwww)

 

住宅会社の展示イベント

屋内展示場でおこなわれた大規模イベントでした。

耐震装置や大工体験、上棟の実演などもあったので

けが人が出ることを想定しての依頼だったのではないかと思います。

実際には2日間だれも来ませんでした。

 

小中学生キャンプ合宿

キャンプってけっこう怪我が多いんですよね〜

添乗としての依頼が多いですが、

このときは現地集合・解散ということでイベント扱いでした。

やけど・擦り傷から肝試しで過呼吸とか

けっこういろいろ起こります。

 

イベント待機のお仕事の流れ

(1)指示書確認・事前打ち合わせ

事前確認がないものの方が多いですが

ある場合はイベント内容を確認して

想定される怪我や病気について勉強しておきます。

このあたりはツアーナースと同じですね。

 

(2)当日会場へ。待機場所と周辺医療施設の確認

基本、本部か本部近くの救護所に待機することになります。

屋外イベントだと当然ですが居心地は気候に左右されるので、

天気予報をチェックして防寒・雨対策・熱中症対策に気をつけましょう。

 

場合によっては急病人が出ることもあるので、

内科外科の最寄り病院と休日診療所については

最初に確認しておくといいです。

 

(3)ひたすら待機(笑)

何も起きないのが望ましいのですが、

何も起きないとただひたすらヒマです(笑)

一緒に待機する人たちに恵まれることを願っていますw

 

(4)主催者に報告して終了

何らかの手当てをした場合はその詳細について報告しておきます。

 

気をつけること

ツアーナースとほぼ同じ内容になりますが、

あくまでも看護師は裏方!

 

そして、診断行為はしてはいけません。

病院受診が必要かどうか判断し

必要でなければ応急処置

必要であればすみやかに受診の手配をしてもらうこと

これが大事なお仕事になります。

 

けっこう救護所に座ってると

お客さんから話しかけられたり

突然健康相談されたり(笑)

道案内頼まれたりするので

「それ私には関係Neeeee」とか思わずに笑顔で応対しましょう。

 

こんな人が向いてます

愛想がいい人。

なんか、あくまでも私の場合ですが、

待機してるとナースじゃなくて受付と思われるんですよね^^;

つまりお客さんからしたら

派遣ナースとか関係なくて

「本部の主催者チームの人」なんだと思うんです。

なので、自分もお客さんをもてなすつもりで参加できる人が向いてます。

 

お祭り好きな人!

お祭りってきくとワクワクできるイベント好きな人は

やっぱりお客さんと同じ目線に立てるのでいいと思います。

病気や怪我をしても、そのイベントを

いい思い出として帰ってもらうために何ができるのか?

お祭り好きなら想像しやすいんじゃないでしょうか。

 

お仕事の数自体がそんなにないので、

やってみたいというかたはぜひ積極的にアピールしてみてください^^

>>看護師派遣会社の選び方とおすすめ

 

※単発派遣に関しては制限があるのでこちらもあわせてご覧くださいね

平成24年改正労働者派遣法で看護師単発派遣はどうなった? 

  

このブログの記事一覧はこちらです

>>サイトマップ(記事一覧)&このブログについて

 

 

 

 

その職種/職場はちょっと・・・-.-; 派遣ナースは紹介された仕事を断っても大丈夫?

派遣会社に登録すると、

早速その場でお仕事を紹介される・・・なんてこともあります。

そして、それが希望する仕事じゃないなんてことも往々にしてあります。

 

いきなり断るのもマズイ気がするし・・・

って、なんとなく受けて、本意ではないまま勤務するべきなのか?

 

いえいえ、断っても大丈夫ですよ!

 

お仕事の内容を選べるというのは

派遣看護師の大きなメリットですから、

「予定は空いてるけど、やりたくないなぁ・・・」

くらいの理由で断っても全然問題ありません。

 

ただ、ひとつだけ注意しておくべきなのは

あんまり選り好みしてるとそのうち紹介自体なくなっていく

ということです。

 

派遣会社の立場に立ってみたらわかりますね。

「あのスタッフさん、どんな仕事紹介しても

いつもなんだかんだいって受けてくれない」

って思われたら、やっぱりいい仕事は紹介してくれません。

 

やりたい仕事が明確なのはいいのですが

その仕事が来るまでほかは一切やらない!

なんて思っていると、

永遠に希望する仕事も回ってきません。

 

逆に、とにかくいい印象を持ってもらって

条件いい仕事回してもらいたい! ってがんばりすぎて

「このスタッフさん何でも受けてくれるから

みんなが嫌がってるコレ頼んじゃお♪」

となるのも避けたいところです^^;

 

何ごとも適度が大事です☆

 

 

看護師派遣についていろいろ書いています。

このブログの記事一覧はこちらから

>>サイトマップ(記事一覧)&このブログについて  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

派遣じゃなくて直接雇用で就職すると決めたら-看護師転職サイトのおすすめ

このブログでは、基本的に

「派遣看護師」としての働き方・ライフスタイルを模索していますが

いろいろと情報を集めるうちに

「やっぱり派遣じゃなくて普通に就職/転職のほうがいいかな」

という結論に達することもあるかと思います。

 

そんな場合におすすめの看護師転職サービス会社をご紹介しておきますね。

あくまでもこのブログは「看護師派遣」ブログなので

参考までに軽く並べておきます^^;

 

派遣会社をお探しのかたはこちらの記事を参考にしてくださいね☆

>>看護師派遣会社のおすすめはどこ? 迷えるナースのお仕事探し

 

看護師転職サービス会社を使うのはこんな時

「働き方」よりも「仕事内容」を重視する場合

とくに介護系や産業保健は、直接雇用のほうが

お客さんとの距離も近いし、キャリアにもなるので

これぞという職種があるのなら就職を視野に入れてみてください。

 

基本的には、自分が働きたいジャンルが決まっていればそれに強い会社を中心に、

2〜3社程度に登録して比較検討してみるといいと思います。

 

自分に合う仕事が見つかるまで、

派遣と併用するというのもおすすめですよ。

 

特定のジャンルに強い看護師転職支援会社 

応援ナースならココ

・ナースパワー

応援ナース(首都圏や離島の病院へ働きに行くスタイルの短期就職)をやりたいなら登録必須です。

応援ナースといえばナースパワーというくらいの会社です。

(一般の求人もありますよ)

 公式サイト>>ナースパワー人材センター

 

介護系ナースやるならココ

介護系のお仕事紹介&体験談はこちら

>>単発派遣の代表格・訪問入浴看護師ってどう? 

>>デイサービス看護師は主婦ナースにおすすめ!

 

・ベネッセMCM

ベネッセグループの看護師派遣会社なので、

ベネッセの介護施設求人がとっても多いです。

派遣以外にも転職就職もできますので併用してみてください。

 公式サイト>>看護師の転職なら⇒ベネッセMCM★ベネッセグループならではの求人案件も★

 

・ツクイスタッフ

介護系で施設・デイサービス・訪問介護・訪問入浴などを展開しているツクイのグループ会社です。

全国展開で大きな会社なので、近くに拠点があるよーというかたや介護系の職場で働いてみたいけどどこがいいか迷っているというかたにおすすめです!

 登録ページ>>全国33支店!介護求人サイトなら【ツクイスタッフ】 

 

・介護施設求人ガイド

介護系に特化した看護師求人サイト。

特養・高齢者サービス住宅・老健・デイサービス・訪問入浴・グループホームでのお仕事に興味があるかたは併用するといいと思います。

ナース向け登録ページはこちら>>介護施設求人ガイド 無料会登録

※名前が似てますが「介護求人ガイド」とは別の会社です

 

企業保健室・産業保健に強い

産業保健のお仕事紹介&体験談はこちら

>>企業保健室 産業保健看護師・保健師のいろいろ

 

・メディカルジョブ

保健師さんや産業保健・治験の求人が充実してます。

企業保健室・学校・大学等への転職を考えているなら必ずチェック。

看護師向け公式サイト>>看護師の求人・転職ならアポプラスメディカルジョブ

 

その他、オールマイティな転職情報サイト

看護師転職サイトを比較して選びたい人向け

・ナースベア

こちらだけを取り上げてご紹介するのは、

「転職サイトを3つ選んでまとめて相談できる」というサービスがあるからです。

いろいろと条件など比較したいけど、

自分でたくさん登録して並行して就職活動するのは大変だな・・・

という方は使ってみてください。

ナースベア登録ページ>>キャリアコンサルタントへのお問い合わせはこちら

 

看護師転職サービス会社いろいろ

・看護のお仕事

>>看護のお仕事

・ナースジョブ

>>ナースジョブ

・ナースではたらこ

>>ナースではたらこ

・看護roo!

・・・はい、これらの会社さんについては

詳しく紹介しているサイトがいっぱいありますので^^;

特徴などについてはここでは触れません。

私から言えるのは「相性が大事なのでどこがいいとは一概に言えない」ということですね。

ぜひ、いいなと思った会社に問い合わせ等されてみることをおすすめします!  

 

※このブログの各看護師紹介サイトのおすすめ基準については

 こちらの記事でご説明しています。

>>このブログについて-ポリシーと免責 

 

このブログの記事一覧はこちらです

>>サイトマップ(記事一覧)&このブログについて

 

 

 

 

平成24年改正労働者派遣法で看護師単発派遣はどうなった?

私が単発派遣を組み合わせてバリバリ(笑)働いていたのは

平成24年以前のことです。

>>派遣ナースの日常生活実例!(単発派遣/月15〜20日勤務) 

>>結婚を機に夫の扶養に入り「130万円の壁」の範囲内で働くことにした

 

上の子どもが1歳のときから仕事お休みしてまして、

ちょうどその1歳になるかならないかくらいのときに

労働者派遣法が改正されて

単発・日雇い派遣が原則禁止になりました。

 

でも、実際のところは単発派遣っていまでも存在します。

どういうことなのか、この記事で解説したいと思います。

 

改正労働者派遣法 単発派遣禁止ってどういうこと?

文字通り、それまでは制限のなかった単発・短期・スポットといわれる

1日〜30日未満の短期の派遣が禁止になりました。

>>厚生労働省の解説ページはこちら

 

理由は「労働者の収入を安定させ生活を守るため」

要するに、明日の仕事がない! って

生活に困窮することを防ぐのが目的ということですね。

 

 看護師の単発派遣は時給も高いし求人も多いので

生活困窮というとあまり実感がないですが

一般的には日雇い労働は身分も収入も不安定なので

 この改正自体は歓迎すべきものだという印象です。

 

業種による制限

研究・開発・添乗など、専門性が高く単発が適している業種については許可されています。

>>厚生労働省の解説ページはこちら

 

添乗看護師(ツアーナース)もここに含まれるのかな?

ツアーナースの求人は、以前と同様に単発派遣として募集されているようです。

 

ツアーナースのお仕事紹介&体験談はこちら

 >>ツアーナース

 

収入要件や年齢による制限

収入・生活を安定させることが目的の改正なので、

収入の柱がほかにあってすでに安定している人の副業OKです。

・60歳以上の人
雇用保険の適用を受けない学生
・副業として日雇派遣に従事する人
・主たる生計者でない人

後ろ二つは、年収500万円が基準になっているようです。

 

・病院勤務等で自分に500万円以上の収入がある

・配偶者に500万円以上の年収がある

という場合は従来通りでOKということですね。

この要件を満たして単発派遣で働く場合、

派遣会社に必要書類を提出することになります。

 

条件満たさないけど単発・短期のお仕事だけで生活したい!どうする?

・副業でお小遣い稼ぎ

扶養の範囲内でバイト

・30日以上の契約で派遣or紹介予定派遣

こういケースはとくに問題ありません。

 

単発派遣向きのお仕事はこういうのがあります

訪問入浴

健康診断(検診)

イベント待機

デイサービス

 

でも、昔の私みたいに

「その月々で自分のペースでお仕事量を調整したい」

「いろんなお仕事をやってみたい」

という場合にはどうしたらいいんでしょう?

 

・お仕事を30日以上の派遣契約で組み合わせる

契約期間30日以上・週20時間以上というのが

「単発・短期ではない」条件ですので

この条件を満たすお仕事を掛け持ちするという方法があります。

週20時間というのは「見込み」なので、

絶対に守らなければならない! とまで厳しいものではありません。

(最初から破るつもりなのはだめだけど^^;)

 

訪問入浴や検診だと、このくらいの頻度のお仕事って結構ありますから

「訪問入浴をベースに、ツアーナースもやる」

「検診をベースに、イベントのお仕事があれば直接雇用で受ける」

といった方法が考えられます。

 

もちろん、「ツアーをメインでやりたいから

他の仕事は20時間に縛られたくない」

施設等の直接雇用のパートとして働く

というのはまったく問題ありません。

 

・直接雇用にしてもらう

 期間に関係なく、「単発禁止」というのは派遣のみの制限なので

直接雇用(パート・アルバイト・正社員)に関しては

単発でも短期でも長期でもまったく関係ありません。

 

ほとんどの看護師派遣会社は普通の転職求人も扱っていますので

自分の働きたいスタイルを相談して

条件に合った求人を見つけてもらうというのもおすすめです!

 

パート転職先と派遣のお仕事を同じ会社から紹介してもらうことで

その後のスケジュール調整もしやすくなるのではないかと思います^^

 

派遣会社は就職・転職の求人も扱っています! 

>>看護師派遣会社の選び方とお仕事別おすすめ

 

直接雇用の就職求人を探したいときは求人サイトを使ってみてください

>>派遣じゃなくて直接雇用で就職すると決めたら-看護師転職サイト

 

このブログの記事一覧はこちらです

>>サイトマップ(記事一覧)&このブログについて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ママナースにとって派遣看護師の道は険しい。。。子どもが小さくても働くべきか?

独身時代はバリバリ働き(自分比)、

結婚後も扶養内130万円ギリギリで働いていた私ですが

いざ出産後! どうなったかと申しますと・・・

 

・・・・子どもを預けて働くことに限界を感じ、

1人目が1歳のときから現在(子ども2人5歳と1歳)は働いていません。

 

詳しくご紹介しますね。

 

妊娠・出産で派遣看護師の仕事に制約はあるか?

妊娠が判った時点で派遣会社に連絡を入れたところ

勤務ができるかどうかは会社によりけりでした。

 

ツアーナースは勤務不可

そのときは訪問入浴とツアーナースの勤務予定が入っていたのですが

ツアーナースは妊娠中は勤務できないとのことでキャンセルに。

たしかに、旅行先で体調崩したら自分も大変だし

お客さんにも迷惑かけますからね^^;

 

妊娠8ヶ月まで訪問入浴やってました

訪問入浴や検診を受けていた会社は

とくに制限はありませんとのことで

体調もよかったので、8ヶ月まで入浴のお仕事をしました。

・・・8ヶ月でお腹がつかえてしゃがむことができなくなり^^;

ここで産休に入ることにしました。

浴槽にお腹つっかえて介助しづらいし、

座ってる利用者さんの靴下を はかせることができなくなったんですよねwwww

 

派遣看護師の産休・育休

産休に入る・・・と書きましたが

もちろん無給です。

というか、単発派遣ナースに法定の産休育休はありません

雇用保険に入っていないので当たり前なんですが・・・

 

出産後2ヶ月で職場復帰!

そんなわけで、早々にお仕事復帰しました。

理由は、ブランクを作りたくなかったから。

 

派遣ってやっぱり立場が不安定なので

仕事をしない期間をつくることで

技術を忘れるのも怖かったし

派遣会社の担当者さんに覚えてもらって

仕事に融通をきかせてもらっていたので

忘れられてお仕事がもらえなくなるのも不安だったんですよね。

 

しかし、思っていた以上にママナースにとって派遣は大変でした。

 

・派遣の壁:保育園に入れない

私の住んでいる地域が保育園激戦区(フルタイムでも入れないことあり)

ということもあるのですが、

保育園って基本的に勤務時間が月何時間とか入園に要件があって

単発派遣だとその審査に通りにくいんです。

 

全く通らないというわけじゃないのですが、

毎月何時間働きます という契約書が出せないので

実際のところ厳しいと思います。

派遣指示書で代用するといっても、

それはその月限りで、継続的な雇用契約ではないので

正社員やパートよりは審査は厳しくて当然でしょう。

 

そんなわけで子どもが2ヶ月ということもあり

保育園は絶望的だったので、自分の母親に預けて働いていました。

 

・派遣の壁:子どもが熱を出しても休めない?

急に休んでも大丈夫? の記事でも書きましたが

基本的に、単発派遣って休めません。

私の場合は母親に預けてでしたので

最悪そういう事態になっても働くことはできましたが

保育園しか預け先がない

熱出しても迎えに行ける人がいない

という状況では正直厳しいです。

私も産むまでしっかりわかってなかったですが

子どもって本当によく風邪ひくし熱も出すし

「お迎えにきてください」って電話かかってきますよね・・・!

 

・乳児ならではの悩み

うちの子の場合ですが、生まれてからずっと母乳で

いざ働こうとしたらミルクを飲まなかったんです・・・

結果、私が仕事から帰ってくるまで飲まず食わずで待たせるという事態に´д` ;

 

私は私で飲ませられない数時間、

おっぱいが張って痛くて痛くて

休憩時間に搾乳するという羽目になりました。

 

これは精神的に辛かったですね。

ここまでして働く意味とは?

いや、でもここでブランク作るとその後が・・・

今では思いつめすぎだったなって思うのですが

 当時は何かに必死でしたね^^;

 

預けて働くことに疲れてしまった

結局、子どもが1歳になるちょっと前まで働いたのですが

子どもを預けていた母が体調を崩したことをきっかけに 

「ブランク作らないように」っていう謎の呪縛が解け

子どもが幼稚園に入るまではお休みしようって決めました。

 

そしてその子が幼稚園に入ると同時に2人目の妊娠が判り^^;

(自主的)育休を延長して今に至ります。

2人目が幼稚園に入ったら、またボチボチと派遣ナースやりたいなと思ってます。

 

ブランク中も派遣会社からお仕事依頼はポツポツくる

で、これだけお仕事してない期間が長くなると

派遣会社の担当者さんも転勤などで変わったりするし

次に働くときはすっかり新人状態だよなー(´ω` )

と思っていたのですが

 

意外にも、たまにですがお仕事依頼の連絡をいただくのですよ。

ちなみに連絡してくださる担当者さんは毎回違う方です(笑)

 

現実問題としてその仕事を受けるスタッフが

見つからないという状況はあると思うのですが^^;

それでも、何年も働いていないのに連絡をいただけるというのは

とてもありがたいことだと思っています。

 

下の子のキャラ次第ですが(笑)

土日のイベント待機とか、少しずつ仕事復帰していきたいところですね。

 

 

 ・関連記事・

自己紹介-フリーターナース兼子持ち主婦のきなこです。

派遣ナースの日常生活実例!〜独身時代(単発派遣/月15〜20日勤務) 

結婚を機に夫の扶養に入り「130万円の壁」の範囲内で働くことにした

 

このブログの記事一覧はこちらです

>>サイトマップ(記事一覧)&このブログについて

 

 

 

 

旅行に付き添うツアーナース-添乗看護師/体験談・求人の探し方・仕事内容のまとめ☆

ツアーナース・修学旅行の付き添い看護師に興味があるナースさん必見♪

この記事では、わたし自身のツアーナース経験をもとに、お仕事内容・お給料・注意すること・向いてる人・派遣会社情報についてまとめています。

体験談やこぼれ話4コマもこのブログ内に順次アップしていくので、興味があるかたはぜひ寄って行ってくださいね^^♪

 

看護師単発派遣人気のお仕事といえばツアーナース! 

修学旅行や団体旅行の添乗看護師のことですね

(※少ないですが個人旅行の付き添い案件もあります)

  

ツアーナース・・・旅行付き添い看護師というその名前から、
「何も起きなければ何もしなくていいし、タダでいろんなところ行けてラッキー」
っていうイメージから、興味を持っている方も多いのではないでしょうか。

 実際はといいますと・・・正直、そんなにいいことばっかりのお仕事じゃありません!

 

正直に言うと私も最初は上のような能天気なイメージから興味を持ったのですが(笑)
お仕事をすればするほど、その奥深さに悩み、そしてハマっていきました。

 

すごくやりがいのあるお仕事で私は大好きなのですが、誰にでもやれるお仕事というわけではない・・・とも思いますので
ツアーナースに興味があるよというかたは、ちょっと長いですけどぜひこの記事を最後まで読んでいただけると嬉しいです!
(とっても好きなお仕事なので若干暑苦しくてすみません^^;)

 

そもそもツアーナースってどんなお仕事?

またの名を旅行添乗看護師、ツアーナース。

文字通り添乗員さんのように団体旅行に付き添い、病気や怪我のケアを担当するお仕事です。

 

もちろん応急処置や観察はできますが、医師がいないので診断・医療行為はできませんし、お薬は市販薬か、病院受診に付き添って処方されたものしか使えません。

 

正直、実際にできることは無資格の人と同じレベルのことだけなので、病院の臨床に慣れていると始めはすごくもどかしいです。

保健室の先生をイメージするとかなり近いんじゃないかと思います。

 

では、なぜ看護師の派遣依頼があるのか? というと

やっぱり、専門知識と経験からくる判断力

これに尽きると思います。

 

実際に病院受診が必要な状況ってそんなにないんです。

でも、素人だとそれがわからなくて必要ないのにいたずらに不安になったり
逆に必要なのに行かなくて悪化させてしまったり。。。ということが起こるわけですね。

そんなことがあったら、もちろん旅行を楽しむどころではないわけです。

 

もうひとつは「看護師さんがいるから」っていう安心感ですね。

特に修学旅行だと子どもを預ける親御さんの安心感も違うと聞きます。

高齢者の旅行なら持病のあるかたも多いので、看護師さんがいるからというだけでも安心するそうです。

 

あとは大人の事情で(笑)、旅行会社としても看護師さんいるから健康面の責任はそっちに任せられるっていう側面もあります。

 

ツアーナースお仕事の実際

では、添乗看護師ってどういう感じでお仕事してるの? という話です。

 

どこで探す?

派遣会社に登録するのがいちばん確実です。

普通の転職系だとツアーナースの求人ってあんまりないと思います。

 

知り合いなどから紹介で直接契約というパターンもないわけではありませんが、トラブルやクレームがあったときに自分で全部対処しないといけなくなるので正直おすすめしません。(万一慰謝料請求なんてことになったら・・・・・・!!!((((;゚Д゚)))))))ガクブル)

 

お給料

日給1〜1.2万円。

正直言って安いです。

 

年中添乗ばかりやっているわけにはいかないので、他の仕事と掛け持ちすることになります。

私はほかの単発派遣と掛け持ちしてました。

クリニックパートとのかけもち・病棟とのかけもちというかたもいました。
(↑月休み8日のうち4日は添乗に出てるそうです^^; 超人!!)

 

お仕事の流れ

(1)派遣会社からお仕事の依頼or自分から応募

派遣会社の公開求人を見て「行きたいです」って言うか、派遣会社からこの案件どうですか? って依頼がきます。

 

※ほとんどの求人は公開されずに直接スタッフへ打診されているものと思われます。

派遣会社のサイトを見てもらうとわかるのですが、ツアーナースのお仕事ってすごく少ないです。
私の場合も、ほとんどの依頼は公開されず直接お話をいただいたものでした。

 

ツアーナース続けているとどんどん依頼いただけるようになりますが、最初はこちらからアクション起こしていかないと派遣会社も未経験のスタッフにいきなり依頼しようとは思わないでしょう。

 「ツアーの求人ないなーーーー」ってサイト眺めてるだけじゃだめなんですww

 

(2)依頼書を見て派遣先に連絡

だいたい、旅行会社の担当者さんと打ち合わせの電話をすることになります。

・集合時間・場所の確認
・日程やアクティビティ(ハイキングやマリンスポーツなど)の有無を確認
・アレルギーや持病のあるお客さんがいるか
・特に必要な持ち物について
・特に必要な服装について

これらの情報をもとに、当日までに準備&勉強をしておきます。
案外何にもわからないこともありますが^^;

 

(3)事前打ち合わせ

私は事前打ち合わせは1回しか行ったことないですが、たまーーーーーに打ち合わせありの案件があるみたいです。(私の場合は挨拶程度でした)

 

(4)いよいよ旅行当日!

基本的にはひたすら同行・待機です。

観光地も基本的には一緒に行きますが、有料施設には入場せずに待ってるとか(笑)
ディズニーに入場して延々と8時間ベンチに座ってるとか(笑)

かなりの生殺し感が味わえること請け合いですwwww

 

持病やアレルギーのある人がいた場合は、ホテルへ食事内容の変更依頼をしたり、血圧などを測ったり。

 

けが人病人が出た場合は応急処置・病院受診の判断・付き添い・家族への連絡・経過観察・宿や観光地の人との調整役・などなど、結構やることは盛りだくさんです。

 

何かあれば夜中でももちろん呼ばれます。
インフルエンザでも出た日には徹夜を覚悟です。

夜はみんなが寝てから寝て朝はみんなが起きる前に起きるという、子だくさんのお母さんみたいな生活になります。

 

何も起きないときは本当〜に起きなくて、救急箱は一度も開けず、記録用紙も白紙なんてこともありますし

初日から高熱出すわ骨折するわでほとんど不眠不休のときもあります。

こればかりは完全に運ですね。

 

(5)お仕事終了!

派遣会社に勤務確認書を返送して終了です。

たまに打ち上げに呼ばれたり、旅行の文集を送ってくれる学校があったりしますので、その場合は丁寧にお礼状を書きます。

 

気をつけること

・「仕事として」旅行に来ているというプロ意識を忘れないこと。

お土産買いあさったり(笑)←いいんだけど、悪目立ちしないように・・・

テーマパークでアトラクションに興じたり←所在不明とか本当にダメ

ロビーでスマホゲームに興じたり←せめて専門書くらいにしとこ?

こういうのはめっちゃ不信感持たれます。

 

・自分も旅行運営サイドの一員と自覚すること

「呼ばれて連れられてきた看護師さん」ではなくて、添乗員さんや先生と一緒にこの旅行を運営しているスタッフです。

いや、実際のところは「お呼ばれさん」なんですけど(笑) 参加者からはそうは見られません。

自分の仕事をきちんとやるのが第一ですが、余裕があれば手伝えることは手伝った方が皆に喜ばれます。(やっていいかどうか聞いてね、黙って手を出したらダメよ)

 

・ほう・れん・そう

もう耳タコですよね、でも大事です。本当に。
念のため書くと「報告・連絡・相談」ね。

ナースとしての腕より、ほうれんそうスキルの高さのほうが大事

といっても過言ではありません。それくらい重要!

 

自分で抱え込んではいけません。
旅行業界には業界なりのやり方やルールというものもあるので、とにかくなんでもほうれんそうです。

 

「○○さん血圧高いけど自分の薬飲む予定だそうなのでまた昼ご飯の後に測ります」
「△△ちゃん石段から落ちて足ぶつけたので救急箱の湿布渡すけどいいですか」
「××くん熱があるけど元気そうなので今晩は様子みて、明日の朝一番で病院へと思いますがどこが近いでしょうか」

こんな感じ。

そんな些細なことで!? って思うようなことでも、とにかく添乗員さん・旅行の主催者さんと情報共有していきましょう。
(絆創膏あげたとか本当に軽微な内容はあとからまとめてメモ渡すとかでもOK)

 

・説明はわかりやすく・わかりやすく 

病院などと違って、相手は医療に関しては素人です。
記録はともかく、説明はとにかく一般的な表現でわかりやすく!

 

例)「ちょっと浸出液が多くて・・・」
→理科の先生にしか伝わりません! 「じゅくじゅくした傷なので」とか。

例)頭部クーリング実施
→なんのこっちゃ。「氷枕あてました」ですね。

 

こんな人が向いてます

旅行が嫌いではない

大好きじゃなくても大丈夫。
施設じゃなく、外で働くのが好きなら大丈夫です。

 

サポートに徹することができる

介護でもそうですが、看護師は主役ではありません。
あくまでも快適な旅行のお手伝い役です。
謙虚に控えめにできる人が向いてます。

 

愛想がいい

腕が良くても、無愛想だと信用してもらえません。
毎回毎回、初対面の方たちと一緒に旅行するわけですから当たり前ですね。

 

わからないことはわからないと言える

基本、看護師ひとりしかいないので、判断つきかねる症例だってあります。
「私には判断つかないので病院に行きます」って言えるのも大事。

わからないなんて言えない! とか変なプライドがあると逆によくないです。

 

ツアーナースおすすめ派遣会社

MC─ナースネット(メディカルコンシェルジュ)

看護師専門の転職&派遣会社さん。
派遣案件が多くて、ツアーナースにも力を入れてます。

全国18拠点展開なのでお近くの求人もあるかも!?

ツアーナース+空いてるときは他のお仕事・・・と、併用してプラン組みやすいのもメリットですね。

 

アテンダントナース

会社名がそのまんま「添乗看護師」、ほぼツアーナース専門の派遣会社さん。(とはいえ、検診や入浴・イベント待機のお仕事も扱ってます)

・登録条件は臨床経験3年以上・初勤務前に事前研修あり・研修やスタッフ懇親会ありなので、本腰入れてツアーやりたいならおすすめ。
会社が京都なので案件は西日本中心ですが、それ以外の地域もちょくちょくあります

 

あとはツアーナース案件扱ってます! という派遣会社というと

・パソナメディカル
ナイチンゲール

なども。

ただし、自分から「ツアーやりたいです」ってアピールしていかないと、黙っていても回ってこないかも。
こちらの会社さんもいろいろな派遣のお仕事を扱っているので、掛け持ちでのお仕事プランは組みやすいですね。

 

ツアーナースやりたい場合の派遣会社選びの結論としては
MC─ナースネット アテンダントナースと、お好みでもう一社くらい登録しておくのがおすすめです☆

 

派遣会社選びは、はこちらの記事も参考にしてください
>>看護師派遣会社の選びかたと仕事別おすすめ

ツアーナースの体験談も更新中☆
>>【派遣ナース体験談4コマ劇場】記事一覧 

このブログの記事一覧はこちらです
>>サイトマップ(記事一覧)&このブログについて

 

 

 

 

 

 

 

結婚を機に夫の扶養に入り「130万円の壁」の範囲内で働くことにした

私は臨床3年・ブランク半年の後、

フリーターナース歴5年目のときに結婚しました。

 

それまでの5年間はかなりバリバリ派遣ナースしてたんですよ。

ツアー・ツアー・入浴・入浴・検診の合間に

コンビニ早朝バイトのかけもちもしてましたからね〜(今思い出した)

 

しかし結婚したのが30歳

もともと体も弱いし体力ないし

早めに子どもが欲しい!

というか、早く産んどかないと後がツライ!! って思っていて

結婚と同時に妊娠を見越して夫の扶養に入れてもらいました。

 

今思えば妊娠するって確証もないのによく思い切りましたよねー^^;

 

第3号被保険者になるために

扶養といえば、よく言われるのが

103万円/年ラインと130万円/年ラインですが

私が選択したのは「社会保険料がかからない」130万円ラインです。

理由は単純で、ちょっとでも手取りがほしかったから(・∀・)

130超えるとつぎは170くらいまで頑張らないと損しちゃうからね〜

 

会社によって違うみたいですが、

私の夫の会社では年間130万以下かつ月々も108000円以下

という条件がありまして、けっこう厳しかったです。

なんかよくわかんないけど時給の証明書みたいのも提出させられたわー

(資格手当とかが別で記載されてる契約書だったかららしい・・・)

 

主婦ナースのお仕事ペース

108000円って、時給1700円だと約63時間=月8日

ツアー日給12000円だと9日なので

・訪問入浴だけなら週2日

・ツアーだけなら月2本

といった仕事量になります。

 

・・・どっちも好きなので、基本的には

ツアー1本+の残りは単発という感じで

スケジュールを組むことにしました。

 

1年くらいで妊娠が判り、ツアーのお仕事はその時点で終了。

入浴と検診の単発は妊娠8ヶ月まで続けさせてもらいました☆

 

「扶養の範囲」お仕事量の調整

108000円ギリギリラインを毎月狙ってお仕事を組むわけですが

実際には残業で超えてしまったり、

超えちゃうんだけど、この案件指名なのでぜひお願いします

とか言われると嬉しくてε-(´∀` )断れなかったりするのですよ。。。

 

そこは図々しい私きなこ、

派遣会社にお願いしました

「お受けしたいんですがこういう事情なので、

 支払日を来月にしてもらえますか?」と!

・・・なんとOKだったんです!

(※どの派遣会社がOKだったのかはお答えできませんのでご了承くださいね)

 

・・・結局これが翌月翌月と繰り越されて(笑)

延々とその会社のお仕事は一ヶ月遅れの支払いを

続けてもらうことになっちゃったのですが

おかげさまで、総額調整はとても楽にできました。

 

派遣会社と信頼関係がなければ難しいとは思いますが、

聞いてみるのはアリかもしれません。

 

 ・関連記事・

自己紹介-フリーターナース兼子持ち主婦のきなこです。

派遣ナースの日常生活実例!〜独身時代(単発派遣/月15〜20日勤務) 

 

ママナースにとって派遣看護師の道は険しい。。。

 

このブログの記事一覧はこちらです

>>サイトマップ(記事一覧)&このブログについて

 

 

 

 

 

 

 

勤務予定日に風邪をひいてしまった! 派遣ナースは急に休んでもいいの?

仕事に行く日の朝、高熱が出てしまった!

子供がインフルエンザに罹ってしまった!

 

普通の正社員なら、まず普通に休むことができる状況ですが

派遣ナースは急に仕事休んでもいいの?

 

結論から言えば、とくかくすぐに派遣会社に連絡!!

早朝などで派遣会社に連絡してもつながらないときは

派遣先の責任者に連絡!! です。

 

派遣のお仕事って、基本的には休むことはできません。

特に単発の場合、そもそも交代要員がいないどころか

スタッフ自体欠員してるから派遣依頼があるのであって

急な欠勤に対処する余裕は派遣先にはないのですね。

 

ただ実際には起こりうる状況です。

わたしも2回ほど急病で出勤できなくなったことがあり^^;

すぐにかわりのスタッフを手配してもらったことがありますし

逆に、休みの予定だった日にほかのスタッフが急に欠勤になって

今から出られますか? って言われて勤務したことも3回ほどあります。

 

派遣会社の人から聞いた話だと、

ツアー添乗先でナースがインフルエンザになってしまって

かわりのスタッフを派遣したなんてケースもあったそうです。 

 

大事なのは、普段から真面目に勤務していること。

いつもしっかり働いて信用してもらえていれば

いざというときもすぐに対応してもらえます。

 

ほかの派遣スタッフと話していると、

やっぱり中には「どうせ派遣だし」とか

「面倒になったらキャンセルしちゃう」みたいな

考えのかたっているんですよね・・・

同じ派遣ナースとしてとても残念なんですが・・・

 

派遣だからって「休んでもその日のお給料減るだけだし」とか

「その日限りだから恥はかき捨て」みたいなヌルイ態度だと

いざ、本当に困ったときに助けてもらえませんし

派遣会社のスタッフさんからもいい印象をもってもらえず

お仕事がもらえない・・・ということになっちゃうのです。

 

派遣でも急に体調崩して欠勤ってあり得ることです。

高熱でも何がなんでも行け! みたいに派遣会社から言われた

なんて経験をお持ちのかたもいらっしゃるようですが

 

普段から派遣会社といい関係を築いておくこと

欠勤の穴埋めはお互い様、と思って協力できること

このあたりに気をつけていれば

そんな鬼発言はそうそうないんじゃないか・・・と思います。

 

(逆に、真面目にやってるのにそんな無茶言うような派遣会社なら、

別の会社に登録しなおした方がいいです^^;)

 

一生懸命に、でも無茶はせず、

健康第一で派遣ライフ楽しみたいところですよね☆

 

派遣看護師についていろいろ書いています。

このブログの記事一覧はこちらから

>>サイトマップ(記事一覧)&このブログについて 

 

 

 

 

 

 

 

派遣先で直接雇用をもちかけられたら-自分も気に入っていればOKしてもいいの?

単発派遣でも、長くその職場に派遣されて

利用者さんやスタッフさんと仲良くなってくると

立場は派遣でもなんとなくパートっぽい立ち位置になることがあります。

 

重要な仕事任せられたり、

雑用もこなしたり(笑)

利用者さんには完全にその事業所のスタッフだと思われてることもあります。

 

そうなってくると、派遣先としては

「派遣会社に払うマージンがもったいない」

「せっかくならこのままうちで働いてくれないか」

となります。当然ですね。

 

マージンがけっこうばかにならない金額なので

(だいたい派遣法の許可MAX、4割かな? 

 時給1700円なら1時間あたり700円くらいが派遣会社の収益になります)

「ずっと働いてくれるなら今より時給or待遇上げるから派遣やめて直接雇用になって」

というのはうなずける話です。

 

実際、私もそういう提案をいただいたことがあります。

 

が!

派遣会社との契約違反になっちゃうんですよね〜〜〜^^;

 

会社によってはバレたら違約金というところもあるし

そうでなくても、その後の仕事は絶対にやりづらくなります。

 

バレなければペナルティないのかもしれませんが、

私みたいに単発派遣に依存した働き方だと

バレないなんてありえないですね。

(月1回とかならわからないかもしれませんが・・・

 ※推奨するわけじゃありませんよ!)

 

というわけで私はどうしたかというと、

派遣会社から紹介就職というかたちで

派遣先から派遣会社に紹介料を払って直接雇用になりました

・・・この紹介料も派遣料3ヶ月分とかだったと思います。20万円くらい?

直接雇用してくれた会社にはかなり負担をかけてしまいました(汗)

そのまま派遣で続けるよりはトータルでは安くなったはずですが^^;

(ちなみに私自身へのキャッシュバックはありませんでした。。。)

 

紹介予定派遣といって

きめられた期間が過ぎて双方が合意すれば直接雇用する

という派遣方法もありますので

派遣から直接雇用へ切り替えるというのは

結果としてはそれと同じ感じになったわけですね。

 

派遣で行った先の職場が気に入って

そこで働きたい! と思った場合

一切直接雇用がだめというわけではありません。

 

ただ、私みたいに派遣期間が長くなっちゃうと

こういう風に紹介料が発生したり

契約違反になってしまうので

「できればパートがいい」と思っているのであれば

早い段階で決断したほうがいいでしょう。

 

具体的には、その職場で求人を出してないか聞いて

その求人に対して応募するというのがいちばんスマートです。

「派遣で行った先の会社の求人を

ハローワークで見つけたので応募しました」

みたいな形が角が立たなくていい感じです^^

実際にあり得る話ですしね。

 

1回目とか1ヶ月目ですぐに行動するならする、

しないなら派遣のまま勤める。

(この派遣先にまた行きたいですってリクエストできます)

というのが、派遣会社にも派遣先にも失礼のない対応だと思います。

 

長く派遣で働いた後、

黙って直接雇用に切り替える

というのは、

いいことなしなので、絶対にやめましょうね!

 

 派遣と直接雇用の違いについてはこちらの記事も参考にしてください

>> 派遣と正社員・アルバイトの違い